著作紹介

 「政治は動いていないのか-東日本大震災と政治」

 東日本大震災が勃発した。発災時の副大臣7人、政務官2人に緊急インタビューを行い、政府の動きを聞き出し政治の対応を追う。巻末に被災地・被災者支援策をまとめ掲載。

 


 「日本国改造プログラム」
(PHP研究所:共著)
 閉塞感が漂う日本を立て直すために、どのような改革・改造が必要か、政治システム、経済、教育、福祉、外交など包括的に政策を提言。 


 「公務員のためのNPO読本」
(ぎょうせい:共著)
 NPOとは、特定非営利活動促進法とは、NPOと行政の関係、地域社会におけるNPOの存在、など公務員のために解説。 


 「国連・地球社会の選択」
(PHP研究所:共訳)
 「激動の世界と国連」「湾岸戦争の教訓」などを共訳。訳者の中に久和ひとみさん(TBSキャスター。病気のため若くして亡くなる)がいた。

 
 「戦後アメリカ外交の軌跡」
(勁草書房:共著)
 第2次大戦から現在に至るアメリカ外交の軌跡を辿る。花井等筑波大学教授(当時)などによる共著。岩渕はブッシュ大統領の項を担当。

 


 「政治のしくみが3時間でわかる本」
(アスカビジネス)
 国会と内閣のしくみ、政党と政界再編のしくみ、行政改革と規制緩和のしくみ、税金と社会保障など1つの項目を見開き2頁でわかりやすく解説。 

 「政治のしくみ」
(アスカビジネス:共著)
政界はこれからどう動くのか、政治改革法の成立で選挙や政治はどう変わるか、消費税問題、日本の外交政策など、図解入りで優しく解説。

 


 「湾岸戦争は日本をどう変えるか」
(西日本新聞社)
ワシントン DC在住中に第1次湾岸戦争が勃発。ニューヨークに約1ヶ月滞在し、国連安全保障理事会を取材。国連の動きと世界の国々、日本外交などを取材・分析。

 


 「ワシントンから日本への20の警告」
(時事通信社)
 1980年代に日本貿易摩擦が激化。ウィリアムズUSTR次席代表、マルフォード財務省次官、ウォルフウイッツ国防総省次官、スペ副社長など20人の米要人のインタビューを収録。

 
 「地球白書」
(家の光協会:共訳)
 著者は環境問題の大家、レスター・ブラウン(ワールド・ウォッチ研究所所長)。1970年代の「State  of the world」を共訳。

 

Comments